FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RCZ-005 ドスゴドス

通販サイトに残ってるの見つけて注文したら不良品だった!(
これは僕の罪だ…普通に売ってる時に手に取ろうともしなかった、僕の罪…

ドスゴドス。アロサウルス型。元はアロザウラーと同時期に開発が進められていたゴドスの発展機だったが、
実戦配備は遅れ、磁気嵐対応型ゾイドとして改修された上で大陸間戦争後となった。
武装の種類、配置やデザインは基本的に重装甲型ゴドスの物を踏襲している。

キット的にはゼンマイによる歩行とアクションフィギュア要素を併せ持とうとした物。
かねてからのゼンマイの弱体化に加え機構の複雑化による重量増加により歩行距離は短くなっているので、
歩行はオマケと割切るべきかもしれません。
可動範囲なんかは当然ながら今一つ。


尻尾が上がり気味。
後脚の付け根にある突起は試作品段階(パッケージに使われているアレ)ではキャップを取り付けることが出来そうな具合だったのですが、
残念ながら製品ではそのまま取り付けることはできません。
オールドカラーバージョンのパッケージイラストにはキャップが取り付けられているかのような状態で描かれています。


「対ゾイド30mmハイパービーム砲」は取り外してリューズとして使用できます。
例によって紛失した場合もプラスドライバーを使えばゼンマイを巻くことは可能。


直立?クランク部分を付け替えることで姿勢変更も可能。
歩けませんでした。

んで、以下目玉ギミックの可動モード(設定上は「格闘モード」)への変形。
…最大の特徴である足の付け根の可変を撮り忘れてました。
一応解説しておくと、歩行状態ではフリーになっている差し込み関節を引き出すことで、
軸の途中にあるボールジョイントが穴の狭まった部分にハマり、
ボールジョイントにより可動させることができるようになると言う機構。
…おわかりいただけるだろうか。


脚部固定状態。


脚部可動状態。
スネ中央のパーツがヒザの溝から外れてロックが解除され、
足首も固定から外れることでボールジョイント可動させられるようになります。
ただしいずれも可動範囲は控えめです。


尾部固定状態。


尾部可動状態。尾びれを外側に引っ張ることでロックが解除され、尾が軸可動するようになります。


歩行モード・尻尾下げ。尻尾のロックの未解除して好みの位置まで下げてみました。
歩けるかどうかは未確認。


格闘モード・前傾。


格闘モード・直立。
…微妙なポージングでごめん。


コクピット。
顎は開閉しますが賛否両論。俺は好き。


コクピット開。
色々メカ物のアクションフィギュアを弄った上でも、首周りの可動はかなり見る物があると思うんですが。


クラッシャークローは青い部分が独立可動。肘や手首も差し込み軸で可動します。
前脚の付け根はボールジョイント接続で、歩行モードとの切り替えは有りません。

尾部は先端部・テイルウィップナイフがボールジョイントにより独立可動。
「小口径レーザー機銃」も当然可動式です。
機銃取り付け個所近くにも尻尾の可動軸がありますが、正直微妙です。

レーザー機銃を前へ撃つ。
プレステのゲームでゴドスが背中の対空ビーム砲を前に撃ってた図を参考に。


必殺・ターボアクセレイションキック!!
破壊力はゴドスの2倍!意外と控えめだ!


振向き。それと足の歩行用パーツ取り外し。
見栄えは良くなりますが、破損の可能性が高くなるので私は推奨しません。

以上、ドスゴドスでした。
価格さえ抑えられていれば、文句なくオススメしたかったものです。
結構面白いキットだと思うんですけどねぇ…製品の不良さえなければ。


…黒く塗ったりするなよ?
スポンサーサイト

tag : ゾイド RCZ リバースセンチュリー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドルウィ

Author:ドルウィ
更新ペース低下中。まぁヲタなりにおもちゃだなんだを色々と。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Tweet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。