FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HMM ガンスナイパーリノン仕様

まずはパッケージ。
箱
一歩間違ったら普通にハリーが大変じゃ追いつかないことになりそうな図ですが、まぁそれはそれ(ぇ
それにしても、リノンの綴りって”Leena”で合ってるのかしらん・・・?



HMMガンスナイパーLS01
HMMガンスナイパーLS02
ガンスナイパーリノン仕様。なんとなくサーボモータ部分スミイレ。公式には初の立体化でしょうか。
追加パーツ以外は通常仕様と同様なので、本体の方はコチラでどうぞ。
ホバーカーゴにも態々新規造形でWW仕様のゾイコレが付属していた頃からは信じられない待遇です。
しかし…多量の武装を無秩序に装着しているもんだからバランスは最悪。
ミサイルポッドとウィーゼルユニットの干渉も非常に激しく、接着しなければ少しいじっただけであちらこちらのパーツが離脱し、
まともにポージングさせるのは諦めた方が賢明かと。
これで片足立ちして足の先の砂弾くとか無理だろ…
放送中製品化されなかったのは、アニメ劇中だからこそできた表現だったというのもあったのでしょうね。

作中ではリノン以外に使う物のいない特注の機体とされていましたが、HMM版においては
「共和国軍の特殊部隊が一部の作戦においてのみ、ごく一部の優秀なパイロットの搭乗の上で使用していた機体」
と言う設定が。
その名も、「ガンスナイパー・ワイルドウィーゼル・フルバーストカスタム」。
F-19みたいなもんでしょうか。いや、むしろ鉄人28号?うーん。
格闘フェチの共和国軍が、こんな射撃一辺倒のゲテモノメカ作る訳ないだろ!
ロングレンジバスターキャノン?ハイブリッドキャノン?し、知らんなぁ…っ

その世界にあったとしても、せめてもうちょっと安定してる四足の機体に付けろよ…
ちなみに設定上、リノンが使わないスナイパーライフルはシステムオフライン状態で放置されているとか。
ガンラプターですね。
ナオミ機用の銃身が付属しているということもありません。

HMMガンスナイパーLS04

無印ガンスナとの色調の差はご覧の感じ。
既にシンナーの侵食でボロボロになってたんで分解処理中…

リノン
塗装済みリノンのパイロットフィギュアが付属。
作中ではコクピットが広めに描写されていたような気がしますが、
キットではスケールに忠実な対比であり、普通に狭いのでリノンが暴れられるようなスペースは有りません。

HMMガンスナイパーLS03
新規造形のミドルサイズ・ビームガトリングガンとリニアキャノン。
ガトリングガンは取り付け軸で上下、ウィーゼルユニットとの取り付け部分で左右に振れ、
リニアキャノンは仰伏角と旋回を内蔵ジョイントでこなします。

こちらでの設定では、硫酸噴射砲状の部品はリノン機においてはダミーが装着されているとのこと。
また、「設定」ではリニアキャノンは共和国製のデッドコピーで、ガトリングガンは鹵獲品。

小口径対ゾイドレーザー機銃は犠牲になったのだ…リニアキャノンに取り付けられるのは硫酸砲という常識の犠牲にな…


HMMガンスナイパーLS16
ダークホーン(訳あって今はレッドホーンBG)のガトリングガンと。
使ってる色数の差もあってガンスナの方がオリジナルに印象が近い感じ。

HMMガンスナイパーLS05
付属のショッピング・バケットと火薬の類。弾倉とか弾丸ケースとかミサイルとか地雷?とか。
…作中で運んでたのは別の荷物だったと思いますが。

HMMガンスナイパーLS06
フル装備でこんなもん持ってガンスナがスキップしてんだから、つくづく二次元はウソだわぁ。

HMMガンスナイパーLS07
ウィーゼルユニット、フルバースト!
完全再現はやっぱり二次元のウソ。

HMMガンスナイパーLS08
ミサイルポッドの開閉はフタを展開状態の物と差し替えて行います。
肩のマルチプルランチャーは開いたけど、足のは無理でした。

HMMガンスナイパーLS09
肝心の転用ですが、ミサイルポッドの取り付け軸は中型・小型機のキャップと同径。
なのでこんな感じでの装着は可能です。
もっとも、これは無改造での話。ジョイントを自作すれば好きな機体の好きな個所に取り付けが可能でしょう。
私が試す気はあんまりない。

ダウト。
ブリッツの連中と。

と言うワケでガンスナイパーリノン仕様でした。
バランス悪いし扱いにくい品ですが、このボリュームは魅力。
下記の通りプレイバリューもあるのでオススメのキットです。

…おれ、大戦時にこんな狂ったバランスのメカが使われてたとか信じませんから!
オーガノイド連れの少年が時折戦争に巻き込まれてたとかと同類の風聞だと思ってますから!
そんなバトスト厨。

こっからはオマケっぽい。
前のWWユニット付属キットは取り上げてなかったので、それのレビューも軽く兼ねる感じで。

HMMガンスナイパーLS10
通常仕様のガンスナイパー。
キャップは必要分付属するのでこちらに組むことも可能。

HMMガンスナイパーLS13
ガンスナイパーワイルドウィーゼル・従来通り。
ウィーゼルユニットはアーム部分を可動させることにより幅を広げたり、アームの伸縮機構を用いて横方向の射線の角度を変えたり、
武装ユニットの取り付け軸で上下の角度を変えることも可能です。割とフレキシブル。
それとパルスレーザーガンの銃身は回転させられます。
これだけでも買う価値ありかと。ただしやはり部品が外れやすいので接着推奨。

HMMガンスナイパーLS12
上の方へ射撃してるっぽく。

HMMガンスナイパーLS11
ガンスナイパーワイルドウィーゼル(新装備・ショートビームガン装備)。

HMMガンスナイパーLS14
余らせた方の銃はパルスレーザーガン上に装着可能。

HMMガンスナイパーLS15
ワイルドウィーゼルユニットは凸ジョイントにより様々な武装を装着可能。
といっても、HMMの武装って武器の方に凸ジョイントがある場合が多いんですが。

HMMガンスナイパーLS17
レーザーガン上にリニアキャノンを装着。

HMMガンスナイパーLS18
真HMMビームガトリング…は無理。重い。倒れる。パーツ外れる。ケーブルが路頭に迷う。

コマンドWWセイバーWW
わけがわからない。
スポンサーサイト

tag : ゾイド ハイエンドマスターモデル ガンスナイパー 過積載 二次元は嘘

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドルウィ

Author:ドルウィ
更新ペース低下中。まぁヲタなりにおもちゃだなんだを色々と。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Tweet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。