FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HRZ-006 エクスグランチュラ

本当に私は時間の使い方が下手だと思う。
工作にせよ記事執筆にせよ。
エクスグランチュラ01エクスグランチュラ02
エクスグランチュラ
ドスゴドスの火力支援機とすべく旧式化したグランチュラを改修した機体。
大型化したボディによりペイロードは増加、多数用意されたオプションパーツの装着などにより、様々なバリエーション機が存在する。
多脚歩行機構は重装備のまま不整地を安定して走破出来るため、惑星規模の災害の傷跡が癒えぬ大異変直後の戦場では有用だった。
例によって西方大陸戦争前には既に表舞台から姿を消している。

尻のパーツはワイヤー射出機ではなく、ポイズンジェットスプレーと言う設定。
グランチュラから流用しているのはコクピットやゼンマイからの動力を分散するパーツと足くらいで、
他は全て形を似せてあるだけの新造品です。
かつて800円で売られていたゾイドと同じゼンマイユニットにより歩行します。

エクスグランチュラ03
パイロットは金メッキ。
キャノピーは旧時代を偲ばせるスモーククリアです。

エクスグランチュラ04
装甲式キャノピー。
コレと牙は武装と同じランナーに含まれており、その都合で二つ付属します。
ただしその割りを食ってか、牙は片方肉抜き側を向けて取り付けざるを得ない仕様に…。

キャノピー交換
共通規格故に装甲式キャノピーは共和国共通コクピット・カノントータス・グスタフのキャノピーと互換性があります。
ただし、殆ど手元に無いのでとりあえずゴドスに装着。
ついでにエクスグランチュラ・オレンジキャノピー。

尾部チタンスパイク
尾部チタンスパイク。
砲撃の反動を制御するための物? 一応可動します。

エクスグランチュラ05
オプション装備、デフォルト装備のビーム砲以外の一覧。
各種武装を直接、ないしスペーサー兼ねたクランクを介したりして装着可能です。

以下パッケージ掲載の装備を適当に再現。

エクスグランチュラ06
ハイブリッドガトリング砲/5連ミサイルポッド/3連装衝撃砲/小口径パルスレーザーガン/小口径ガトリング砲装備。

エクスグランチュラ07
小口径高速キャノン砲/5連ミサイルポッド/2連装衝撃砲 以下上と同じ装備。

ミサイル装備
5連装ミサイルポッド×2装備。

エクスグランチュラ08
小さめ武装全乗せ。

エクスグランチュラ09
高速キャノン砲×2装備。

エクスグランチュラ10
キャノン砲は連結できたりとか。だが無意味だ。

エクスグランチュラ11
浪漫装備・ダブルガトリング。
取り付け軸が凸なので、いまいち装着しづらいのが難点。

エクスグランチュラ12
別売りの装備も当然装着可能です。
ただ、あまりにも大型の武装は美観を損なうので非推奨。

〆
ドスゴドス出してくるのめどいんで一個飛ばして強化型と。

と言った感じでエクスグランチュラでした。
武装の交換やグランチュラの構造がそのままサイズアップした本体内容がむしろ面白い逸品。
ただ、ウエポンラックの軸が若干細く、その辺に気を使う必要があるのはハイターゲット品故でしょうか。

結局レドームも増加装甲も出ませんでしたねぇ…自分で作れよってコトなのか。
スポンサーサイト

tag : ゾイドリバースセンチュリー エクスグランチュラ 元祖エキストラウエポンシステム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

武器大量のエクスグランチュラ、自分なりの武装を楽しめるのがいいですね。
レドームも増加装甲も出ませんでしたが・・・それはこの子の問題じゃなかったと思いたい。
発売当時はそれなりに話題にもなったし、人気があったゾイドだったと思う。
でも、本編自体が思い切りコケた感じが・・・

カノントータスの立場

時代が時代ならば別売りカスタマイズパーツとかでも機能拡張が望めたりしたんですかねぇ。
試作品の写真見てみたら装甲もレドームもキットに同梱する予定もあったのかもと勘繰れる分、余計に惜しい。

>コケた本編
だいたい末期に出た三機の高速機が悪い(ぇ


エクスガイサック…
プロフィール

ドルウィ

Author:ドルウィ
更新ペース低下中。まぁヲタなりにおもちゃだなんだを色々と。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Tweet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。