FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG ブレイブ一般用試験機

完成済みのアレも出たし、衝動買いしたガンプラでも。
hgブレイブ01hgブレイブ02
ブレイブ
アロウズの失脚とともに開発終了となったアヘッドに代わり、マスラオ/スサノオの量産型として開発された機体。
一般パイロット用の試験機には背部に一つだけ疑似太陽炉が搭載されている。

完成したGNフラッグと言っても間違いではないのかもしれぬ。
当方、指揮官用試験機はおろかスサノオもマスラオも持っていないのでその辺との比較は有りません。
外観はイナクトの色をしたフラッグ寄りのスサノオ。
可動はABS間接によるもので、ポリキャップは使用していません。
あと、ちょこちょこ色が足りていなかったので適当に筆で塗装しておきました。

hgブレイブ03
宇宙世紀でMSが割とデカかった頃の機体やPT、同じ世界の機体と並べるとこんな感じ。
かなり長身の機体です。

hgブレイブ12
可動はこんな感じ。
フロントアーマーが少しだけ逃げるのでその分逃がせますが、足が長いので立て膝は厳し目。

hgブレイブ13
付属のスタンドに展示する為のジョイント。MGや1/100で採用されている物と似たようなパーツです。
そして1/144HGSEEDシリーズに付属していたディスプレイベースが付属。
無いより良いけど、よりよい物を知ってしまった今となってはちょっと微妙。

hgブレイブ14
サイドバインダーはアクティブに可動。内部にはGNキャノンやビームサーベルを内蔵していると言う設定。
特にキット的には再現なし。
腕部にもGNビームマシンガンが内蔵されているそうですが、やはりそれも再現なし。

hgブレイブ04hgブレイブ05
武装・GNビームライフル「ドレイクハウリング」。
オーバーフラッグの火器の発展型で、こちらはGNビーム兵器。

hgブレイブ10
グリップは格納・展開状態を差し替えで再現する方式となっています。
汚い白は当然僕の塗装。

hgブレイブ06 hgブレイブ07
グリップを差し替えて左右で持ちかえることが可能です。

hgブレイブ08 hgブレイブ09
左がバレルを差し替えて解放状態にした最大出力モード、右がバレルを取り外した速射用・ショートバレルモード。

hgブレイブ11
ビームサーベルは柄と刀身が一体、白一色の成型だったので、刃の部分はオレンジで普通に塗装しておきました。
それと後頭部には試作機にも見られたケーブル(リード線)を接続可能ですが、特にギミックは有りません。

hgブレイブ16
巡航形態。
パーツの固定個所が増え、今までのフラッグ・イナクト系可変機に比べればカッチリした変形。
面白いポーズとってるように見えるってのはツッコミ不可。

hgブレイブ24hgブレイブ25
ディスプレイベースに展示した状態。

hgブレイブ18hgブレイブ20
バインダーの翼を展開した大気圏内モード。

hgブレイブ17
全機、フルブラスト!
2つのGNキャノンと展開したドレイクハウリングから放つ最大火力攻撃、トライパニッシャー発射形態。

hgブレイブ19hgブレイブ21
大型GNコンデンサー装備。
戦闘時には投棄されるとの設定。

hgブレイブ22
MS形態でも装着可能。

hgブレイブ23
と言うワケで一般用ブレイブでした。
実は「疑似太陽炉搭載の高性能量産機」という魅力よりも、
店頭に山積みされていた姿が不憫過ぎて勢い余って購入したという経緯があったりします。
珍しく飾り台も付属してるし、完成度もそこそこなのでオススメ…したいんですが、
どうにもビームサーベルの処理が寂しい…
いつかは大型キットでのリリースを望みたいところ。
スポンサーサイト

tag : ガンプラ ガンダム00 ブレイブ 量産機 ABS関節はネジ切れやすいからNG

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドルウィ

Author:ドルウィ
更新ペース低下中。まぁヲタなりにおもちゃだなんだを色々と。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Tweet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。