FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG ガフラン

ハッチ芸

なっ、待ち伏…



ちょこっと部分塗装済み。

HGガフラン02HGガフラン03

ガフラン。長い宇宙戦争の後に完全平和を実現した地球連邦の前に現れた初のアンノウン・エネミー。
ガンダムAGE-1に行動不能にされるまでは連邦軍のあらゆる攻撃を受け付けない圧倒的な存在であり、
異星人の兵器とも宇宙怪獣そのものとも噂される謎の存在だった。
実態はヴェイガンが旧大戦時代の技術を用いて開発し、初めて侵攻に使用した可変MSである。

頭部のセンサーと掌のグレーは塗装してます。あと写ってないところもちまちまと塗ってます。
腹の緑はクリアパーツです。

HGガフラン04

防御力はビームスプレーガンや旧国家派閥のMSに準じた技術を用いているはずのヒートソードに対して無傷、
それを構えもせずに受け止めたというのに駆動系にも何の問題も支障がないというとてつもないものだった。

異星人云々のネタは前年公開の劇場版ダブルオーで曲がりなりにも異星人が出てきたので上手いトラップだったと思います。

HGガフラン05

そりゃもう次回AGEの出るGジェネかスパロボでフルセイバー解禁かと期待するくらいに。

HGガフラン07

大きさはフリット編のMSよりも若干大きめで、未知の脅威としてのハッタリが効いてる感じ。

HGガフラン08HGガフラン09

足の形状がかなりスッキリしているのであっさり正座できたり、
変形機構のお陰で割りと違和感なく腕を組めたりとか。
それと交換用手首として握り手が両手分付属しています。

HGガフラン12HGガフラン13

足の面積が小さい上に背中に重心が寄っているのであまり自立性は良くないのですが、
股間下のフタを外すことでディスプレイベース接続用のポリキャップが露出するので、
そちらに別売りの各種ディスプレイベースを差し込むことで安定して飾ることが出来ます。
尻尾を支えにすれば楽に立てるんですが、それだとちょっと美しくないじゃないですか。

HGガフラン10HGガフラン15

両掌にはビームバルカンを内臓。連射が効く上に当時の連邦のMS相手には十分な火力でした。
キット的にはボールジョイント可動の銃身を内蔵しているだけです。
バルカンからはビームサーベルを出力できるという設定で、キットでもサーベル刃を差し込んで再現することが可能です。
ただし付属しません。グリプス戦役のティターンズ側MSのキット辺りから流用しましょう。

HGガフラン11HGガフラン20

尻尾の火器はビームライフル。
破壊力に優れているものの、バルカンでも軽々ジェノアスを屠れるのでMS戦よりは対施設用の装備だったのでしょうか。
3箇所あるハードポイントにビームバルカンを差し込むことで保持できる構成になっているようです。

HGガフラン14

腹には拡散ビーム砲が仕込まれていますが、至近距離の発射ですらガンダムに微塵のダメージを与えることもありませんでした。
とりあえず第一話のグサグサ再現。

HGガフラン16HGガフラン16_2


竜型とも例えられる巡航形態。
変形と言うより姿勢変更といった感じ。
・・・しかし、宇宙で半端に変形して何の意味があるんだろう・・・?

HGガフラン17

四足状態だと何か不安なのでディスプレイベースを使ったほうが無難でしょう。

HGガフラン18

顔。フリットのトラウマ。

HGガフラン19

作中では巡航形態のまま二本足で立ち上がってバルカンでの掃射を行っていましたが、
キットでは安定しないので自立は無理でした。

という訳で悪しくも悪しくも話題の作品ガンダムAGEから在庫筆頭のガフランでした(ぇ
キット自体は合わせ目がガッツリ出る仕様ですが、個人的にはそれほど目立たないように思います。
価格も手頃ですし、化け物じみたロボットという外観がプラキットとしては珍しいのでお勧めです。

HGガフラン06

ほら便利ですよー(?

スポンサーサイト

tag : ガンダムAGE ガンプラ ガフラン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドルウィ

Author:ドルウィ
更新ペース低下中。まぁヲタなりにおもちゃだなんだを色々と。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Tweet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。